こんにちは、笑顔を創造するKAIZENです。

本日は、

【ストレッチポールで効果を感じない人の共通点】

という事をお伝えします。

肩こりで辛い思いをされている方って多くいますよね。

当店でお勧めしているセルフケアの道具にストレッチポールがあります。

持たれている方もいらっしゃると思います。

で、肩こりの方の中には、ご自宅にストレッチポールをもっていて、

「たまに乗るけどな。。。」

とおっしゃる方もいます。

でも、聞く感じあまり効果を感じていなさそうなので、

どんな使い方をしているのか聞いてみると、教えてくれます。

ストレッチポールにのってもあまり効果を実感されていない方々の共通点

① 肩、肩甲骨、背中などをゴリゴリポールに押し当てている

ツボ押しやマッサージ機でもまれているかの如く、筋肉にポールを押し当ててゴリゴリ動かしている方が結構います。が、それでは、あまり効果はありません。その時だけは、ゴリゴリの刺激が効いたような気になりますが、、、もったいない

② ポールに対して直角に寝転び背中をグイグイ沿って使っている

背中をグイっと反らせて、胸を張るような姿勢をとり、そこから起きたり反ったりをくりかえす、という方もよく聞きます。目的によっては、そのような使用方法もありだと思いますが、肩こりをほぐしたいときは、あまり効果的ではないでしょう。若干、腹筋トレーニングかと思ってしまいます(苦笑)

③ たまにしかしない

肩が凝って、凝ってしんどくて、、、と、そこまでの状態になって初めて「何とかしよう」と思い、ポールに乗る。もちろん一回の使用でも、的確に使えばそれなりに変化はでます。しかし、毎日使うカラダ、日々変化する状態ですから一回で完全に満足いかないことだってあるでしょう。必要以上の過大な(甘い)期待にそぐわない結果に対して、「あまり効果を感じない」と言っている方もチラホラ。。。

④ ポールに乗ることが作業的になっている

ストレッチポールが身体にいい、肩こりにいい、と耳にして使用するんですが、ポールに寝転び使用すること自体が作業的になっていて、バッバッバッっと済ませている。例えば、子供が漢字の勉強をする時に手本を書き写すだけでそれが作業的になっていると結局漢字を覚えていないじゃん。読み方は??分からない…おい!ってなるのとよく似てる!?(笑)

スパイスを加える

これまで、独学?で使用していて効果を感じなかった方に、ちょっとしたスパイスを加えるだけで効果が全然違うことがあります。

そのスパイスは、使用方法のこともあれば、それ以前の意識の部分だったり、イメージの部分だったり、思考の部分だったりと、色々あります。

僕自身、毎朝出勤し準備を済ませた後にポールに寝転びます。

毎日寝ころんでいても、毎日気づきがあります。

「あれ、なんでこんなに凝ってんだ?」ってコリを感じることもあるし

「こっちへ身体が流れるな~」と歪みを感じることもあるし

「おっ、メッチャ緩んだ」と感じることだってあります

何より大切なこと

そして、毎日毎日繰り返し同じことをするから気付けることがたくさんあります。

例えば、野球のピッチャーが毎日毎日ボールに触れ、ボールを投げる感覚を感じているからこそ、「今日の調子は、・・・」とか、「あれ、今日は嫌な張りを感じるな」とかっていう事に気付けるんですよね。

それが月に一回しかボールに触らない、投げないというのでは、「今日の調子は?」もへったくれもありませんよね。前の状態さえ、覚えているのか定かじゃありません(笑)

効果を感じるから、気づきを感じるからこそ、毎日できるという事も言えます。

それにもまた、コツ(スパイス)があるので

今まで、ストレッチポールをやったことはあるもののあまり効果を実感したことがないという方は、一度相談下さい。

または、初めは効果を感じていたけど最近は、感じなくなったという方も同様です。

折角やるなら効率的に、効果的にやりましょう

お手伝いさせて頂きます!