こんにちは、笑顔を創造するKAIZENです。

令和の時代が幕を開け、早々の大型連休を過ごし

いざ志事という方も多いことと思います

当店は、令和初志事ではないものの、連休(3日間頂く)明けの志事はじめ!

すると、早々にご予約のお電話

『〇〇さん(水泳仲間)の紹介で・・・』

この方、健康維持増進目的で水泳を始められ、5年目になったとことだそうです。

ご年齢、70代。女性!!

ご来店後お話を伺うと、一番のお悩みは

右肩の痛み。。。

時に、右膝も痛くなることが。。。

と、そんな感じのお悩みでした。

施術に入ります。

いつものようにカラダの流れを見て、カラダの訴える手当てポイントを見ていきます。

そうすると、本日は、

【左の足】との訴えをキャッチ

それでは、いざ手当てスタート

すると間も無く、、、

クライアントさんの左腕がウゴウゴ、モジモジ、ビクビクと動き出します

僕は、(寝始めたのかな?)(動いてるなぁ〜)と思っていました。

すると、その後どえらいそりゃそりゃ、深い深い呼吸をし始めました

僕はまた、(いつもこんな感じの深い呼吸をされているんだろうな)(水泳をされているからこんな呼吸なんだろうな)と思っていました。

施術を終えて、お話(説明)をしていたところ・・・

『実は、・・・』と、まだ聞いていなかったお悩みを訴えてくれました。

『実は、いつも呼吸が浅くて、深くしようと思ってもできなくて、、、だんだん呼吸のリズムがわからなくなって苦しくなるんです』

『呼吸が深くできたらすっごく嬉しいんですけど、良くなりますかね??』

『施術を受けている時のあの深い呼吸は、なんだったんですか?あんな深い深い呼吸が自然とできることなんて初めてです。とっても気持ちが良かったです。』

そんなお悩みでした。

『腕が勝手に動いたのも初めてで、とってもとっても不思議な感覚でした。』

と感想も教えてくださいました。

呼吸は、1日に約2万回行うと言われています。

そして呼吸は、運動です。

運動というと想像するのは、走ったり歩いたり、筋トレしたりすることを運動と思いがちですが、呼吸も間違いなく運動!呼吸運動です。

その一日2万回行なっている運動がおかしな運動だったらどうでしょう。

例えば、2kgのダンベルを持ち肘を曲げ伸ばしして持ち上げる運動を2万回したとしましょう。

そして、そのダンベル運動のフォームがおかしかったらどうなるでしょう?

ただでさえ2万回がキツイのに、フォームが崩れたおかしな運動だったらの体にかかる負担は計り知れません。よね??

おかしな乱れた呼吸であればその影響は、全身に及びます。そしてそれは寝てもも覚めても毎日おこなっている運動です。

呼吸がいかに大切か!!

肩が痛い・・・膝が痛い・・・腰が痛い・・・眠りが浅い・・・

もしかしたら、それは、呼吸運動が乱れた結果、それが全身に影響を及ぼし招いた結果なのかもしれません。

自然と深い呼吸ができ、「気持ちがいい」という感覚が持てたことは、きっとそこから全身が癒え始め最高のイノチの営みが巡り始めた結果ではないでしょうか。

すぐに肩の痛みが取れたり、腰の痛みがなくなったりすることも、いいことかもしれませんが、もっともっとカラダの奥深くから癒えることをカラダが欲していたのかもしれません♩

さて、あなたの呼吸はどうですか?

気持ちがいい呼吸ができていますか?

1日一回、呼吸に意識を置き、気持ちがいいと思える、あなたのカラダが求める呼吸をしてみてはいかがでしょうか