こんにちは、
笑顔を創造する KAIZENです。


当店は、店名に『ストレッチ』と言うフレーズが入っているので

「ストレッチをしてほしい」
「柔軟性をあげたい」

と言ったご要望をお持ちの方に比較的多く来て頂きます。



また多くの方が、


「体が硬いから、○○が痛いんだよね」

「もっと柔軟性あげていかないとなぁ~」


などと、おっしゃいます。

ホントにそうなの???



僕は

それが全てじゃない

 

と考えています!!

過剰な柔軟性なんて必要だろうか!?

とも思います。

 

柔軟性がある人が、身体に不調を全然持ってないかというと、絶対にそんなことないですし、

柔軟性ない人が、全員体のあちこちが痛みや不調に悩まされているかというと、絶対にそんなことありません。




運動不足だから、、、

とか

柔軟性がないから、、、

とか

太っているから、、、

とか

筋力がないから、、、

とか


それが全ての原因では絶対にないです。


そんなことよりも大事なことは、

 

身体全体として整っていること!

整っている状態で、(見かけ上)柔軟性がない(ように見えてもそれは)なら、
それは全然問題ありません。

きっと身体に不調もないはず





ハンドルが右へ曲がっている
サドルが左を向いている


あなたは、そんな自転車にまたがり、
「真っすぐ進むのが難しい!」

と言う


「これはきっと、歳のせいで脚の筋力が落ちたからだろう、筋トレしよう、、、」

「これはきっと、最近運動不足で太ったからだろう、毎日自転車に続けて乗ってれば、、、」


真っすぐ進む事が出来るようになるだろう


そういって、頑張っている。


でも

筋トレよりも、運動不足解消よりも



先に!!


ハンドルと、サドルを本来の状態に戻し
整った自転車の状態にしてあげること


そのことの方が、先だと思いませんか!?


本来の整った状態の自転車にする、それだけできっと真っすぐ進むことは容易になります


そこから余力があれば、または、他に目的があれば

筋トレしたら速く進むようになったり
ダイエットにつながったりすると思いますが、

順番を間違えると、意味がないばかりか
余計に悪くもなる!!



ちょっとだけ考え方を変えることもメッチャ大事です(^^♪


その一つに当店では、

【頑張らないセルフケア】


をご提案していますので、

頑張ってストレッチしている
頑張って体操している
頑張って続けている
頑張って時間の確保している

など、思い当たる方は、ご相談ください。