こんにちは、

岡山市南区の整体院

笑顔を創造する ボディケア&ストレッチ KAIZEN です

 

多くの方が

「ストレッチは、痛いもの」

「痛くても我慢してやるのが、ストレッチ」

「痛いの我慢して行えば、柔軟になれる」

ってイメージをお持ちですよね



でも、考えてみて下さい

あなたは痛いのが好きですか??

 

料理の時、誤って包丁で指を切ってしまった・・・

痛い!!

 

裁縫中に針で指先を指してしまった・・・

痛い!!

 

アントニオ○木に、闘魂注入のビンタ・・・

痛いです!!

 

猪木にビンタされるのは、好き好んでされると思うのでどうでもいいですが(笑)

 

基本的に、痛みというものは避けたい刺激です

 

痛いという刺激は、本来あなたの体を守るための刺激です

つまり、あなたの体に害を及ぼす可能性のある出来事が起こったとき

あなたの体をその出来事から避けるようするために起こす刺激が痛みです

 

害を及ぼす刺激のことを、侵害刺激といいます

侵害刺激が与えられると、痛いという信号で体を守る反応を起こしてくれます

 

その体を守る反応とは、

筋肉を一瞬にして収縮、緊張させて身体を丸くしたりします

なんとなく想像できますよね

 

痛い!!

ってなった時の身体の反応です

筋肉がキュッと硬くなるでしょ

 

身体に痛い刺激が入るとそうなるようにできているんです

これは、針で刺した時の痛みでも、ストレッチした時の痛みでも同じです

 

だから、痛いストレッチを我慢してやっているときも

痛い!!→筋肉ギュッって硬くなっちゃっています

 

あれっ?

柔軟性をあげるため

リラックスするため

疲労改善のため

していたはずのストレッチなのに

筋肉ギュッって硬くしてては、本末転倒ですね

 

 

ストレッチは、痛みない程度で

身も心もリラックスできる程度で

のんびり、いい意味適当にやることが大事です

 

当店のストレッチは、のんびりウトウト睡魔に襲われるほどのストレッチです

特にストレッチポールなんて、チョ~~楽々『これでいいのか』ってほどのストレッチで体がとっても喜び変化します

そんなストレッチご興味ありましたらお越しお待ちしております。