こんにちは、

岡山市南区の整体院

ボディケア&ストレッチ KAIZENです

 

 

只今、わたくし歯の治療中

歯のケアもボディケアと一緒です

 

 

さて本日は、

【ストレッチを頑張る前に必要なこと、必要な考え方】

僕の思いを綴ります

 

 

近年、ストレッチがブームです

都会では、ストレッチ専門店もどんどん増えています

TVでもストレッチの特集がされていたいりします

 

そんな当店もストレッチの文言が入っていますが・・・

当店のストレッチの単語、実は、

一般的にイメージするジーっと止まってやるストレッチ(スタティックストレッチ)から

来ているのではなく、、、

ストレッチポールから来ているストレッチなんです

 

だから何が違うのって話は、細かな話になるので今日はおいといて

 

 

ストレッチが必要ないと言ってるわけじゃないし、やったほうがいいとも思うけど

それをするより先にやるべきことと、その考えを知ってほしいなって思うんだ

 

 

一枚の紙きれがあるとする

しわなし

ペラペラで柔らかい

そんな紙きれも、こうするとどうなるか・・・

ねじる

グルグル・グルグルねじる

ペラペラの柔らかかった紙きれも固くなりますよね

 

柔軟性がなくなってきた・・・ 昔は柔らかかった・・・

 

という方の身体は、現在こんな感じで捻じれてるのかもしれませんね

じゃ、硬くなった身体を柔軟にするためにストレッチ・・・

ってなりがちなんだけど

 

ストレッチするより先に、グルグルの捻じれをほどくだけでも

初めほどじゃないけど、ペラペラに近づくよね

一部分だけをほどくんじゃなくって、全体をほどくことも重要

しわしわ

ほどいたらこんな感じのシワがあるけど

このシワを伸ばしていく作業

ここでストレッチの出番ってわけ

つまり、ストレッチはこんなモノ

アイロンがけ

アイロンがけみたいなモノ

ねじる

この状態にいきなり

アイロンがけ

こうはしないよね

服だって一回、開いて型を整えてそれからアイロンするでしょ

そしたら

しわなし

きれいな状態になってペラペラ、柔軟に

普段の自宅で行うストレッチは、このペラペラをキープするためのモノ

仕事やスポーツやいろんな身体の使い方の癖みたいなもので

どうしてもまたシワができてしまうもんだから

お風呂上りなんかにアイロンがけ(ストレッチ)するとイイネって話

 

 

だから、まず初めにしてほしいことは、

ねじる



しわしわ

こうして、開くこと

 

その方法は、整体やセルフならストレッチポールもいいと思ってる

 

むやみやたらにストレッチして、どっか痛めたっていうのは、

ねじったままの紙に無理やりアイロンかけて紙が破けちゃったのかもしれないね・・・

ご注意ください