こんにちは、

岡山県岡山市の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN 請川です(^○^)

 

 

突然ですが、あなたは身体にメスを入れたことがありますか??

 

最近は、腹腔鏡や内視鏡などの技術の進歩により傷口がとても小さく回復も早いものもありますね。

しかし、まだやはりそうもいかない事も多々あるのが現実です。

 

例えば、お客様の中に手首の手術をされた方がいらっしゃいます。

約5cmほどの痛々しい大きな傷跡が残っています。

 

01cac9750daa57f785102b294a529bd79357b8d33d

 

こんな大きな手術痕を残した方ならお分かりかと思いますが、

こういった手術跡と言うのは、皮膚が硬くなってしまします

 

傷口を動かさない間や傷口が治癒する過程で【癒着】を起こしてしますからです。

 

その結果、どういうことになるか??

 

例えばこの場合では、

手首の関節の動き(可動域)が狭くなり制限がある。とか、

肩が凝る。とか

肘に痛みが起こることもあるかもしれませんね。

 

このお客様は、上記上2症状が出ていました。

肩が凝るからと、肩をマッサージしても症状はさほど変化しませんでしたが、

傷口の癒着を取ったところ、肩がすごく楽になりました。

 

今では、傷口はとても柔らかく血色もとても良好です。

病院の先生からも、『問題なし。もう来なくてよし!』とあっけない診察をされたそうです(笑)

 

このように、身体に大きな傷口をつけてしまった後、病院の所見では何も問題はなく完治しているはずなのに

『痛みが残る』『動きに制限を感じる』『それ以降、身体に不調を感じる』などの症状があり、

半ば諦めている方は、癒着を剥がしてみる症状の改善が期待できるかもしれません。

 

一度ご相談ください。

☎ 086-259-2596