おはようございます。

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN 請川です(*^。^*)



『ヘルニアは、腰痛を起こす』

『ヘルニアは、脚へ痺れを起こす』



そんな風に決めつけていませんか??



確かに腰痛も痺れも起こす可能性はあります。

ヘルニアが神経を圧迫することで起こる症状に含まれますが、



絶対ではありません!!



当店へお越しのお客様で、腰痛が酷く、脚への痺れもでるという方がいらっしゃいます。

病院でMRI撮影もして頂きました。

僕も、実際写真を診ました。

確実にヘルニアでした。



とここまでなら、ヘルニア=腰痛ですが。



ヘルニアが出ているのは、【右】です。

脚へ痺れがあるのは、【左】です。

腰を反って痺れるのは、【右】です。



そうなんです、普段左脚へ現れれる痺れは、ヘルニアが直接の原因ではないんです。

腰を反ったときの痺れは、神経に触れている可能性がありますが。



そして、写真を見てヘルニアの問題よりも腰骨の形状の方が問題だと見えました。

実際の写真はないので、イメージですが、こんな感じでした。

腰椎ストレート

この写真の方も、腰椎5番と仙骨間でヘルニアあるようですが、上記お客様もまさにこの場所でした(苦笑)

問題は、腰の骨が真っ直ぐすぎなことです!!

本来は、こちら

腰椎生理的湾曲

向きを揃えたので文字が逆ですが…

このように少しお腹側に向かって曲がっているのが本来の形です。



ということで、姿勢の改善をしていくことにしました(^O^)



つまり、ヘルニアがあると腰痛とを必ずしも結びつける必要はないですね。

で、ヘルニアだから安静になんて考えすぎなくていいですね。



とは言いましても、ちゃんと医療機関で見て持ったうえでお医者さんの判断もしっかり聞いてくださいね。