こんにちは、

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN 請川です(^O^)

 

ここ最近、少し暖かく感じますね。

本日は、お隣の香川県丸亀市でハーフマラソンが盛大に行われているようですね☆☆

知り合いも何人か参加しているようで、写真を見ると気持ちがよさそうです(^。^)

適度な運度は、積極的にしましょう!!

 

 

話は変わり、とある会社の張り紙の数々を見て思う事を書きます。

少し見る機会があったのですが、その会社のいたる所に色々と注意書きなどの張り紙がありました。

例えば、

『解凍するな!!』

『事故するな!!』

『壁にぶつけるな!!』

『壊れる!!』

『壊すな!!』

『ゴミを捨てるな!!』

『扉を閉めるな!!』

『ココに置くな!!』

などなど、

 

何か気づきましたか??

 

そうです!!

全て、否定形の言葉】ばかり。

ネガティブワードの数々(>_<)

これで、気持ちよく仕事できますかね??

 

もちろん、注意を与え仕事を丁寧に遂行させることは必要ですが、

否定形じゃなくてもいいですよね。

 

ヒトの潜在意識は、肯定も否定も判断が出来ないと言われています。

だから、『事故をするな』を『事故をしろ』は同意語です。

行動は、無意識に潜在意識によって行われます。

つまり、『事故をするな』と注意したつもりが、【事故】を引き起こす行動へとつながるのです。

 

では、どう注意をうがなせばいいのか!?

『事故をするな』は、『安全に運転しましょう』にいい変わります。

同じように、

『壊すな』は、『丁寧に扱いましょう』とか

『ゴミを捨てるな』は、『綺麗にしましょう』とか

『ココに置くな』は、『この前は、空けておきましょう』とかになりますね。

 

ネガティブな言葉を常に目にすることは、気持ちがいいモノではありません。

意識していなくても、無意識に行動もネガティブになります。

ポジティブな行動や思考の方が、いい結果を招きます。

 

 

今、受験シーズンの待っただ中と言うお子さんをお持ちの親御さんもいらっしゃることでしょう。

昔から、そんな子の前で

『あっ!落ちた』とか

『あぁ~すべった』とか

言う言葉は避けたりしますよね(笑)

『落ちるかもしれないけど、受けてみなさい』なんて言いませんよね。

『きっと受かるよ。頑張ってきなさい』と言いますよね(^。^)

同じことです。

その言葉が悪いことを連想させるから使わないように避けるのです。

その結果や行動を引き起こしたくないから使わないのです。

では、受験の時だけじゃなく常にそうしましょうよ。

 

したくない事、やってほしくない事、なってほしくない事は言わない。

したい事、やってほしい事、なってほしい事を言いましょう。

 

ご自分の言葉をちょっと振り返って、

『あぁ~○〇しないで』

『これは、やっちゃダメ』

『△△(悪い事象:転ぶ・怪我するなど)になるよ』

など、そんな声かけしていませんか。

潜在意識がそうさせちゃいますよ(・.・;)

 

慣れるまでは、ちょっと考えながら言葉を発しますが、すぐになれます。

難しいと感じる人は、それだけ普段否定語(ネガティブワード)が多かったという事です。

 

今日から、ポジティブワードでいきましょう(^O^)