こんにちは、

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN 請川です(^O^)

 

ホント~~~にスイマセン。

メッチャ、メッチャ久しぶりの投稿になります。

 

 

日本人の考え方に多い傾向があるのかなと思う事の一つに、

「キツイからよい」

「シンドイから効いている」

「我慢すれば効果がある」

「痛いけど、これぐらい耐えなければ」



 

この様な考え!!

大和魂でしょうか(^。^)??

日本人はこんな傾向があるような気がします…

確かに、筋トレで筋を鍛えたり、各種競技力向上のために身体能力の限界に追い込むことは時として必要だと思います。

スポーツのみならず私生活の中でも!!

しかし、ストレッチの時は、このような考えは不必要です。

『痛い』『苦しい』『不快』

などの感覚は、あなたの脳がそのように感じている信号です。

そんな信号を発している脳の元、筋肉はリラックスしてくれるでしょうか??

身体はすべて、脳が支配しています。(そのことは何となく理解できるでしょうか?)

筋肉がリラックスし、伸びることで柔軟性を取り戻すストレッチで、

『不快な感覚を脳では感じながら、筋肉はリラックスする!!』なんてことができるでしょうか??

NOですよね。

『心地よい』『気持ちいい』と脳が感じれば、筋肉もドンドンリラックスして伸びていくんですよね。

それがちょど『いい加減』

いい加減は、ダメなことではないんです。

「あんたってほんと、いい加減やな(怒)」みたいなことありますが、

『いい加減』は、ちょうどいい加減なんです。

ストレッチをする時は、いい加減に『心地よい』『気持ちがいい』程度でやりましょう。

気持ちがいい場所は、どこか??

伸びている筋肉は、どれか??

筋肉は、何と言っているか??(寒い冬、疲れた体で温かいお風呂に浸かった時、あなたが言う「フゥワァ~~!アァ~~」という気持ち良さを表す言葉と同じ言葉を筋肉が言っていますか??)



ストレッチは、いい加減にこんな事を感じながらやればすっごく伸びます♪♪

今晩はそんな時間を過ごしてみて下さい(^O^)