おはようございます。

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN  請川です(^O^)

 

今日で10月も終わりですね。

いやぁ~しかし早い(゜_゜>)早すぎる(>_<)

これも歳のせいか…

いや、違う。歳のせいで何でも片づけてはダメである!!(^^)

日々、充実しているという事にしよう♪♪

きっとそうである(笑)

 

 

あなたは、

【脚は、第二の心臓である】

と聞いたことがありますか??

では、その意味を知っていますか??

こういう言われは、色々と諸説あるものですが僕の考えを書きたいと思います。

 

そもそも、心臓はどこにあり、どんな役割を担っているでしょうか!?

心臓が動いていないと人間のみならず、動物は死を意味しますよね(^^)

そんな重要機関の一つの心臓ですが、

直立二足歩行をする唯一無二の存在である人間の心臓位置は、結構上位にあります。



四足行動をする動物の場合は、胴体の高さと心臓の高さがさほど変わりません。

 

 



 

よね(^。^)

この体のどの位置に心臓があるかも重要な問題になるので覚えておいてください。

 

もう一つありました。

心臓はどんな役割を担っているか??です。

心臓は、全身に血液を送り出すポンプのような役割を担っています。

身体を構成するすべての細胞は、血液循環によって運ばれてきた酸素を必要とします。

その生命維持に欠かせない酸素を全身に送り届けるポンプが心臓です。



ココまでは、OKですか?

 

もう一つとっても重要なことがありました!!

それは、【重力】です。

地球上で生活する限り絶えず身体やその他全てモノ(物質?)には、重力がかかっています。

感じないのは、当たり前すぎるからですが、これは普遍の原理ですよね。

いつらか、重力から解放されることもあるにはありますけど!(^^)!

 

という事で、ここまでの話をまとめると、こうなります。

心臓は、身体の上の方にあり全身へ血液を送る働きをしている。そして、身体やその他の物質は重力を受けている。

と、ココで考えてみましょう。

全身を巡る血液にも、例外なく重力がかかっています。

という事は、心臓から送り出された血液は、そのポンプの圧力により重力に逆らい頭の方へ流れていくわけです。

心臓より下へも、流れていきますが、こちらは、重力に従い落ちて行くと言った感覚になりますよね♪♪

そして、頭の隅々まで廻った血液は今度、重力に従い落ちる要領で心臓まで帰ってきます。

では、先ほど下へ落ちた血液は、、、どうやって心臓まで帰ってきますか??

そうです。重力に逆らってです!!

心臓のポンプの圧力で??

心臓から足の指先まで結構距離があります。

少しくらいなら圧も届くでしょうか!?でも少しだけです。

それだけでは、重力に逆らい指先から心臓までの長い道のりを駆け上がることは出来ません!!

 

『脚にも、ポンプがあればいいのだが……!!』ですよね(笑)

言い換えれば、

『脚にも、心臓があればいいのだが……!!』となります(^_^)

古くから、【脚は、第二の心臓である】と言われているように、

実は、脚にも心臓と同じポンプがあるんです!!

ラッキーですね(^O^)と言うより、人間の身体はよくできています☆★

 

 

そのポンプとは何か??

もう、お気づきか……

脚の筋肉です(#^.^#)

特に、『ふくらはぎ』の筋肉です。

筋肉を動かす事により、その間に挟まれている血管を挟むようにして上へ上へと血液を押し上げてくれるのです。

 

しか~し、現代人は、そのポンプを十分使えておらず、しかも、弱り切っているのです。

だから、

脚に血液が溜まり!!

脚がムクミ!!

脚が、冷える!!

のです。

それだけではありません。

全身の血液量は、一定ですよね。

その血液が、足に停滞し溜まってしまっていればどうでしょう!?

肩や腰を巡るはずの血液が少なくなってしまいます。

これも、肩や腰が凝り、そして痛みを放つ原因の一つなのです。

運動すれが、血液循環が良くなる一つの理由には、こういったこともあげられますね。

「脚の血液が心臓へ帰るから」と。

 

ここで、ちょっと思い出してください。

四足動物は、心臓と胴体の高低差があまりないという話。

だから、血液が重力の影響を受けにくいんですね。



【脚は、第二の心臓である】

納得いきましたか!?(^。^)

脚の筋肉をしっかり使うことは、ムクミや冷え解消のみならず、肩こりや腰痛にも効果的なんですよ。

一階上、二階上くらいなら、エレベーターじゃなく階段を!!

少しの距離なら、自転車じゃなく歩行を!!

という事ですね(^O^)

さぁ~~、このブログを読んで頂いた、その後から実行してみましょう~~

今日も長文、最後まで読んで頂きありがとうございました(^O^)