おはようございます。

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ kAIZEN 請川です(^O^)

 

今日も朝からお天気がいいですね~~

朝から普段はしないお店のお手入れもして、いつも以上に気持ちも晴れ晴れです~~§^。^§

 

≪昨日までのあらすじ≫

・筋肉を付けるとエネルギーを消費しやすい身体になる。だから、ダイエットは筋肉を付けるべし!!

・筋肉を付けるといいことは他にもある。骨が安定し、姿勢が良くなる。肩こりや腰痛の予防・軽減に必ず繋がる!!

 

と言うところまででした。

で、今日は、『しかし、筋トレや運動をする前にしておいてほしいこと』を書きます。

 

ちょっと想像して下さい。

肩の高さの大きく違う人。姿勢が丸く、猫背、腰も丸みがち。

そんな人が、ランニングしたり、重たいバーベル(重り)を必死になって挙げたりするとどうなると思いますか??

こんな話聞いたことはありませんか??

『ダイエットのつもりで始めた毎晩の一時間のランニング。しかし、一週間を過ぎたころ膝に痛みが出て来た(>_<)やっぱり私には運動な無理だった。』

『一念発起!!スポーツジムに入会し、マシーントレーニングに汗を流す。ほどなくして、腰が痛くなってきた(>_<)ちょっと安静にしようとジムへ行かなくなり、そのまま行かなくなり、会費だけが引き落とされている』

な~んてね……

必ずしも、上記の姿勢の問題だ引き起こしたとは言い切れませんが、可能性としては大いに考えられます。

今までについた身体への癖。歪み。

それを抱えたまま身体へ、トレーニングと言う負荷を与えることは、歪みをさらに増幅させたり、関節に負担をさらに強いることにもなりかねません。

身体の歪みをある程度は整えて、姿勢を正してから軽度の負荷からトレーニングを始めることが重要ですね!!

それが、運動を長く続ける(続けられる)ことになり、運動や筋トレの効果を得られることになると思います。