おはようございます。

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN 請川です(^O^)

 

本日は、いいお天気ですね~~☀

そんな清々しい一週間のスタートをきれたでしょうか!?

そんなこと思えないという方は、意識してそう思ってみればいいと思います。

思っていなくても、思っていたり声に出しているとそう思えてくるもんです!!

さっ!!両手をグ~~~!!とお空に突き上げ、顔もお空へ向け!!根限りめいイッパイ背伸びしてみて下さい。

スッキリして気持ちがいいですよ。

そうすると、何だかいいことが巡り回って来たりするもんです(^。^)

 

 

先日のブログの続きです。

筋肉を付けると、燃費の悪い車になりガソリン(エネルギー:脂肪)をバンバン燃やすことになる。

というブログでした。

で、筋肉付けるとイイことは、それだけじゃないですよって続きです。

 

まず、人間の身体には、骨が数百個あります。

その骨が何によって支えられているか?ですが、

靭帯や関節包というモノと本題の筋肉で支えられています。

つまり、骨の位置関係は筋肉によって安定的に支えられているのです。

よく耳にする、『骨盤が歪んでいる』とか『肩の高さが違う』『歩いているとスカートが回る』というのは、骨、つまり骨格が正常な位置関係でないという事を意味しています。

その原因を作っているのが、バランスの悪い筋の仕業なのです。

例えば、

左右や前後で筋力の強さが違うとか凝りが違うとかです。

その結果、骨格は正常な位置に安定せず筋肉に引っ張られていきます。

また、腹筋(中でも深層筋)は特に骨盤の位置を適正に安定させるために、とっても重要な役割をしています。

骨盤が安定していないという事は、家にたとえるなら。基礎や地盤がグラグラ・ユルユルということです。

そんな上に家を建てたらどうなると思いますか??

家、傾きますよ(苦笑)ビー玉転がります。。。

人間の身体も同じことです。

肩の位置や頭も位置が傾きます。それが、肩こりや首こり・頭痛・50肩などとして現れます。

 

もう言いたいことは伝わりましたよね。

筋肉を付けると、骨格が安定し姿勢が整うことにより、腰痛や肩こり・頭痛などそのた身体に起きている不調が軽減、改善する!!

という事です。

もちろん、頭痛が肩こりからくる「筋緊張性頭痛」の場合の話ですよ。

 

便利な世の中になったが故、身体は意識的に使わないとその活動量は極端に減っています。

そして、筋力は衰える一方です。

運動強度を強くする必要はありません。

それよりも大切なことは、続けることです。

強度は軽くても、まずは続けることです。

何か始めてみませんか!?

腹筋?スクワット?縄跳び?腕立て伏せ?

 

でもその前に!!ホントはして頂きたいこと実はあるんです。

それは、また次回お話しします(^^)

 

それでは、初めに書きましたように、グ~~~と背伸びして、気持ちよ~くいきましょ~~う(^O^)