こんにちは、

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN 請川です(^O^)

 

 

 

昨日、コアコンディショニングをされたお客さまのお話し!!

M様 男性(実名掲載OKでしたが)

M様は今まで当店でボディコースをいつもご利用して頂いていました。

症状は、大体いつも、腰痛背部痛(背中の痛み・ハリ感)でした。

姿勢は、完全な猫背姿勢です(>_<)

ご本人様の良くないことは分かっていました。

僕からも、なぜ猫背がよくないか、そのために何が引き起こされているかなどご説明させて頂きました。

そして、コアコンディショニングという姿勢改善に最適なメニューが当店にはあることもお伝えしたところ

『やってほしい』という事で、昨日させて頂きました。

 

 

ここで、問題です(^。^)

Q、良好な姿勢を獲得し、維持するために何が必要だと考えますか??

 

A、まず、良好な姿勢を獲得するために、凝った筋肉をほぐす必要があります。特に深層部筋を弛めることが重要です。

そして、さらに骨の配列を整えてあげることも必要になってきます。

次に、その獲得した良好な姿勢を維持するためには、腹圧などが重要になります。

腹圧を獲得するためには、腹横筋という筋肉や腹式呼吸方法が使えるようになる必要があります。

 

このように書くと、

「やっぱり腹筋か~~」と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが実は、単純に腹筋ではないんです。

現に、姿勢の悪いM様も週に2.3回はスポーツジムへ通い腹筋もしていましたし、ハードなボクササイズもしていました。

しかし、腹圧は低く、体幹部の弱さが目立ちました。

 

この様に、スポーツジムへ行っている、運動はしているという方でも、コア機能は弱いことが多くあります。

そしてさらに、コア機能が弱く不安定な身体で激しい運動をすることは、かえって身体を故障させる原因となるのです。

M様にも少し不安定環境下で左脚を挙げるように言うと、身体がフラつきその場から落ちてしまいました。

これが何を意味するか…お分かりですか??

例えばM様は、ボクササイズの時左脚を挙げ、キックする動作があったとします。

床のようなところでは、気づきにくいですが身体は思いっきりふら付いていたんです。

でも転ばなかったのは、身体中の筋肉や関節が頑張ってフラツキを止めていたから。

そのフラツキを何百回、何千回と止めていたらどうでしょう!?

負担ですよね~~

関節、痛くなりそうじゃないですか?

筋肉痛めそうじゃないですか?その酷いのが、肉離れじゃないですよね~~(聞いたことはありますよね??)

繰り返し負担をかけ続けることによって、障害って起きちゃうんですよね!!

健康のため、ダイエットのため、美しいスタイルになるため、

一所懸命通ったスポーツジムで、

毎日頑張って走ったランニングで、、、

障害が引き起こされているとしたら。。。

本末転倒とは、このことですよ!!

 

んっ??

疑問に思った方もいらっしゃる??

「スポーツジムは、そういったトレーニング方法をちゃんと教えてくれるところじゃないのか!?」と、

答えは、実際のところそんな細かなところまで指導はしてくれませんし、時間もさけません。

事故のない様に器具の使い方を指導してくれる程度です。

決して、スポーツジムが悪いんじゃないんですけどね(^^)

M様も『こんなこと指導されたことはない』と言っていました。

 

 

今一度、身体の使い方やコア機能をチェックしてみては如何でしょう。

長く、楽しい運動を続けるために!!

 

M様には、セッション中やセッション後ちゃんと身体の変化を感じて頂けました。

脚が軽くなった。

コアが弱いことを痛感した。

肩や背中の動きが変わった。

腰痛がよくなった。

など(#^.^#)

そして、普段の生活の中で意識するポイント、気を付けることなどをお伝えし終えました。

 

 

今日も長々と書きましたが、最後まで読んで頂きありがとうございました。