おはようございます。

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN  請川です(^。^)

 

 

こんな疑問抱いたことはないですか??

【なぜ、高齢者は身長が低くなるのか??】

「歳とって背も低くなったわ…」

といっている、高齢者を見かけたことはなですか??

確かに、年齢を重ねると徐々に身長が低くなる方がいます。

なぜだと思いますか??

そして、対処するためにはどうするといいか知っていますか??

 

ヒトの背骨(動物もですが)は、二十数個の【椎骨】という骨が積み木のように重なって出来ています。



その椎骨の間には、【椎間板】というゼリー状のクッションの役割をしてくれるモノがあります。



よく聞く【ヘルニア】という状態は、この椎間板の中身が外へ出てきた状態を言います。

巷では、【腰痛=ヘルニア】、または、【ヘルニア=腰痛】と考えられている方が非常に多いですが決してそうではありません。

ヘルニアがあっても気づかず生活している方も多くいますし、

逆に、ヘルニアがなくても腰痛の方は多くいるでしょう。

まっ!それは置いといて、

その、クッションの役割をしている【椎間板】は、水分を多く含んだ物質です。(物質を言うのかな…)

地球上にいる限り、重力を身体は受け続けます。

椎間板も他ではありません。

重力により、押しつぶされると徐々に徐々に椎間板から水分が滲み漏れ出します。

そうすると、クッション性に富み分厚かった椎間板は薄くなってきます。

さらに追い打ちをかけるように、姿勢が悪ければ拍車がかかります。

(今日は姿勢の話は、しません。(笑))

それが、高齢者の身長が低くなる原因の一つです。

そんな椎間板を元気に維持するためには大切なことは、椎間板に刺激を与えてあげることだそうです。

前後左右など、多方向から刺激を与えることで細胞は活発になります。

刺激……??

どうやって、、、

 

運動です。

運動によって身体に刺激を、椎間板に刺激を!!

心に刺激を、生活に刺激を!!

与えましょう(^O^)

しかし、まずは『無理せず!!ほどほどから』が大事です。

始めは、自宅でなんとなくストレッチなんかもいいのではないでしょうか!!

 

それでは、今日はこのへんで。

最後まで読んで頂き、ありがとうございました(^O^)