こんにちは、

岡山市南区の整体と体幹から姿勢を正し、不調を改善する

ボディケア&ストレッチ KAIZEN  ウケシこと請川です(^O^)

 

 

【骨盤底筋群】という筋肉をご存知でしょうか??

読んで字のごとく骨盤の底の部分にある筋肉なのですが、

度々、当ブログでも登場しております(^。^)

 

この骨盤底筋群がなぜ重要か?ですが、

骨盤底筋群が正常に働いていない人が

腰痛や肩こりが慢性化して…とか、下腹が凹まない…とか、尿漏れや頻尿が…とか、骨盤が…とかって言って不調を訴えているケースが多いんです。

 

   

だったら簡単、骨盤底筋群を鍛えればいいんです。

最近、よくお客様にも言うんですが

『硬い筋肉、凝ってる筋肉は、マッサージでもストレッチでもして、ほぐせばいい。

でも弱い筋肉は、マッサージやストレッチでは、鍛えられませんよ』

弱い筋肉のせいで体に不調が起きているんだったら、鍛えるしかないです。

そこは、苦しいですが意識改革が必要です!!

 

繰り返しますが、骨盤底筋群も筋肉ですので鍛えることはできます。

でも、鍛えづらいんです。

とっても。

なぜか??

気になりますよね!?

気になる方は、だんだん身体マニアになりつつある…かも(笑)

なぜなら、この筋肉の特徴として、

関節の動きを伴いません。

どういう事かと言いますと、例えば

力こぶの筋肉ありますよね。

この筋肉に力を入れるとどのように腕は動きますか??

そうです。

肘が曲がり、手が肩の関節の方へ近づいてきます。

これは、力こぶの筋肉によって肘の関節が動いたという事です。

筋肉は、関節を動かすことができます。

関節が動いているのを感じたり、見たりすることで筋肉の収縮を自覚することで、筋肉は鍛えることができるし、効率的になるんです。

だから、スポーツジムなんかで筋肉大好きそうなマッチョな人が、重たい錘持って愛おしそうに筋肉眺めながら筋トレしていますよね。

あの一つの理由には、今鍛えている筋肉を自覚する行為をしている。

ハズ……(笑)

ただ、自分で見とれているだけかもしれないけど(笑)それでも、自覚はできているからいいんですけどね。

 

しかし、骨盤底筋群は関節を動かすことはしません。

つまり、関節の動きを感じたり、見たりすることができず、収縮を自覚することができにくいんです。

だから、鍛えづらいんです。

 

 

と、今日はここまで。

明日のブログでは、

では、どうしたらいいのか??

不調改善のために鍛えたい骨盤底筋群の収縮を自覚するにはどうする。

これについて、書こうと思います。

お楽しみに(^。^)