こんにちは、

ウケシです(^O^)

今日は暑いですね~~

湿度の高いですよね…カラットした暑さがいいけどなぁ。。。

しっかり水分補給しつつ、暑さに負けないように笑顔で乗り切りましょう~~☆☆

 

ゴルフをこよなく愛するお父様方、

スタイルを良くしようとヨガに通うお母様方、

甲子園目指して日々練習に励んでいる高校球児たち

 

今しているスポーツのパフォーマンスを向上したくはありませんか!?

そのコツが知りたくありませんか!?

 

教えちゃいます。

ポイントは、、、

コツは、、、

 

【肛門】にあります!!

 

『えっ(>_<)肛門…』と思われた方や、

『あぁ~肛門ね。聞いたことある』という方も、

そうなんです。パフォーマンスを向上するポイントは【肛門にあり!!】です。

 

【肛門を締める】んです。

筋肉の名前や筋肉のつながり・連鎖なんかの難しい話は置いといて、

肛門を締めると何が起きるのか!?

骨盤周囲の筋肉が力を発揮し、骨盤が安定します。

骨盤が安定すると、身体の軸が固まります。

この、【骨盤の安定】ができることで、スポーツで目的の動作が効率よくスムーズに行うことができるのです。

さらに、この骨盤の安定には、【股関節の安定・コントロール】が非常に重要です。

骨盤周囲の筋は、大部分が股関節の動きに関与しています。

このことから、スポーツには股関節がとっても大切なことが分かります??

スポーツ愛好家やアマチュアゴルファーの方たちで股関節の硬い方が非常に多いです。

股関節周囲の筋に対し、柔軟性獲得と筋力強化をしましょう。

 

こんなこと聞いたことないですか??

『一流選手は、ケツがデカい』と。

これも、上記の理由から言われることだと思います。

 

だだし、肛門を締める時の注意点ですが、ただ単にお尻の筋を使って肛門だけを締めてしまうと

【がに股】になってしまいます。

この【がに股】は、パフォーマンスを低下させてしまいます!!

ご注意ください。

ですので、肛門を締めると同時に【内また・うちモモ】を意識することが重要です。

 

とまぁ~~言葉でツラツラと書いても、読んでも理解しづらいですよね。

詳しく知りたい方は、当店まで。

さらに、肛門に感覚を入力するに最適な画期的な最新ツール当店にはあります。

体験したい方は、当店まで(^。^)

 

パフォーマンスを向上したい方は、肛門に感覚を入力しましょう!!

大真面目ですので、誤解しないでくださいね。

トップアスリートはみんな、肛門に感覚を入力しています。

 

暑い日は、ただそれだけで体力が消耗します。

ご飯をしっかり食べて、ゆっくり入浴し、早めの就寝をしましょう!!

規則正しい生活が、健康の第一歩です(^O^)