今日はこんな時間になってしまいました。

嬉しきことよ。忙しい。。。

でもまだまだ!!もっと忙しくするぞ!!

ウケシです(^O^)

 

最後のお客様を見送り今からブログを書かさせてもらいます。

 

今日は何について書こうかと考えた結果、

『骨盤を整えること』について書こうと思いました。

中でも、骨盤底筋群を整えることで…という切り込み方で☆

よく「骨盤調整」とか「骨盤矯正」ってこの場を聞きます。

中には、「骨盤矯正できますか」という方もいらっしゃいます。

それだけ、【骨盤】というワードをよく聞き、敏感なんだと思います。



おそらく、「骨盤が歪んで下半身が太る」とか「骨盤が歪ん腰痛に」とか「骨盤が歪んで足の長さが」とかだと思います。

そして、それをボキボキッっという感じに矯正して整えれば ALL OK!のように思われているのだと思います。

確かに、時にはそれも必要でしょう。有効であると思います。

しかし、そもそも骨盤を歪めている原因はなんなのでしょうか??

誰が??いつ??どうして??何によって??歪めたのでしょうか??

その原因を削除・改善なくしてALL OK!でしょうか??

その矯正は、その場しのぎではないでしょうか!?

僕は、このように思うのです。

骨盤を歪めるのは、多くの場合自分です。

突然大きな外力で歪むこともあるでしょうが、多くの場合少しづつ毎日の蓄積です。

なぜ歪むなのか、それは筋肉が影響していることが多いかもしれません。

身体の中には、【凝っている筋肉】【弱い筋肉】【強い筋肉】などが多くの場合、混在しています。

そのアンバランスによって、骨は引っ張られたり不安定になったり、逆に組織で固められたり。

【凝ってる筋肉】は、揉んでもいいし、ストレッチかけてもいいし色々な手段で弛めてあげましょう。

問題は、ここです。皆さんあまり考えないのですが、

【弱い筋肉】は、鍛える必要があります。揉んでもストレッチしても強化はされません。

【強い筋肉】は、ストレッチなどし強さを維持し、柔軟性も向上しておくといいと思います。

 

このように、ただ骨盤をボキボキッとしても根本解決にはならないでしょう。(必要な時も勿論ありますよ)

 

最後まで読んで頂きありがとうございました。

あんたは、これを読んでどう思いましたか??

 

はてっ!!今日はもう夜なので明日に向かって元気を叫びましょうか!(^^)!

明日も元気いっぱいの土曜日を過ごすぞい(^O^)