おはようございます。

ウケシです(^O^)

昨日は、夕方チラシを配っていると雷が鳴り始めました。

『まぁ~~大丈夫だろう』と軽く考え配り続けていると……

パラパラっ

『あっ!!雨。ヤバい。急いで帰ろう』と自転車を止めていたところまでダッシュ

しかし、思いのほか遠くまで走ってチラシ配ってたので自転車のところに着くころには

ワンサカ雨が降りだし……

自転車にまたがりお店まで必死でペダルを踏み続けましたが

これがまた遠くて、、、雷酷くなりだすわ、雨はドンドン降りだすわ。。。

ビチョビチョになりましたとさ……

 

気を取り直し、今日は

『あなたは、片脚で立てますか??』



というテーマでお送りします。

片脚で立てますか??

回りに気を付けて一度やってみてください。

出来たという方は、目をつむってもやってみてください。

出来ましたか??

これがフラついて出来ないというあなたは、

『体幹が弱い』という一つの指標になります。

片脚で立つという動作は、骨盤を傾けないように安定させないとなりませんが

それをするのが、【体幹】なかでも【コア】の部分になります。

確かに原因は、体幹が弱いというだけではないですが一つの原因であることは言えます。

そして高齢者の場合、このことが転倒の原因になり骨折の原因、寝たきり、要介護というところまで繋がる話なんです。

若いから何とかなるではなく、若くても腰痛の酷い方はコアが弱い方が多いと思われます。

肩こりの方でもそう言った方が多いと思います。

つまり、体幹が弱いと姿勢が乱れ、良好な姿勢の保持が出来ないのです。

最近では、小学生でも体幹の弱い子どもが非常に多いそうです。

運動嫌い、テレビゲームばかりして頭の位置が身体に対して前の方へ移動し肩こりに、いざ体育の授業で運動すればケガをする。

こういった子が増えている現状があります。

社会的問題も多くあると思います。

公園がなくなった。河原がなくなった。危ないからするなと親に言われた。塾が忙しい。洋式トイレしかしらない。

子どもは本来、遊びの中でしっかり体幹を鍛えていくのですがその場が奪われているのだと思います。

子どもについては、また書きます。

大人や高齢者の体幹の弱さは、トレーニングしましょう。

当店では、コアコンディショニングというコースで体幹を位置から整え鍛えていくことで

姿勢を整え、疲れにくい凝りにくい身体に根本から変えていきます。

ご興味のある方は、お問い合わせください。

 

それでは、本日も元気な笑顔で一週間のスタートです(^O^)