おはようございます。

本日も元気な、ウケシです(^O^)

 

本日は、3.11ですね。

あの未曾有の出来事から2年ですね。

早いように感じる人もいらっしゃるでしょうが、

まだまだ心の傷が癒えない方も大勢いらっしゃると思います。

あの日僕は、仕事が夕方出勤でしたので震災のあった時間は外で子どもと遊んでいました。

夕方、出勤して初めてテレビを観たら日本中が赤や黄色にピカピカ光っていました。

何の事だか分からない僕は、同僚に聞きました。

そして、とんでもないことになっている事を知りました。

ニュースで流れてくる情報と映像を何度も何度も観て

『これが日本か…本当か…』何とも言えない気持ちになったことを覚えています。

次の日も、また次の日も津波のニュースと余震の速報。

徐々に被害状況と多くの映像で地震と津波の凄まじさを思い知らされます。

自然の前に、ヒトやヒトが創ったものは見るも無残にあっという間に壊され、自然の怖さを感じました。

今思っても本当に恐ろしいばかりです。

 

しかし、余震もまだまだ続くなか次々と救助活動に海外から来てくれ、募金活動が開始され、ボランティア活動が開始され、日本中のみならず世界中が日本で起きた大惨事に対し力を合わせていきました。

政治や民族、領土問題など、それまで色々なことでモメテいた日本に対し、助けの手を差し伸べてくれました。

国内でも現地に入り活動された方、募金をした方、物資を送った方、いろんな方がいたでしょう。

みながそれぞれ自分にできることを考え協力しました。

 

本当に素晴らしいことです。こんな素晴らしい気持ちが世界中にあるのにどうして常はモメ事ばかりなのかと嫌になってしますます。

 

被災地や原発被害者の方々が元の生活に戻れるのは、まだまだ時間が必要だと思います。

2年が過ぎ報道も少なくなりましたが、あの出来事を忘れることなくいつまでも世界中、日本中、みなで協力して復興に力を差し伸べ続けていきましょう。

そして、『人類みな兄弟』ではありませんが、モメ事は最小限に!世界中が手を取り合って笑顔になれば、なんて素敵なことなんでしょうね。

そんのことを世界中に気付かせるための出来事であったと思いたいです。

 

『微力だけど無力じゃない』

あるところで見た言葉です。

素敵です。

奥が深いです。

 

一人一人が笑顔なら、隣の人が笑顔なら、その笑顔が伝染しきっと笑顔でいっぱいになります。

 

さっ!!本日も元気な笑顔で顔晴っていきましょ~~(^O^)